歯周病の特徴と原因・予防法の紹介

歯を失う原因は虫歯だと思われがちですが、実はほとんどが「歯周病」です。歯周病は歯を失うだけではなく、悪化すると身体に様々な影響を及ぼします。歯周病の特徴と原因、予防のポイントについて解説しますので、出血やお口のニオイが気になる方は、早めのケアを心がけましょう。

歯周病の特徴と原因

歯周病の特徴と原因

歯周病とは、細菌の感染で歯を支える歯肉や骨が壊されていく病気のことです。歯肉の内側では、歯の根にあるセメント質と歯槽骨との間に歯根膜という繊維がつながっており、歯が骨から抜け落ちないようにしっかりと支えています。

そこの清掃が行き届いていないと溝が大きくなって歯周ポケットができ、そこに多くの細菌が停滞して、炎症で赤くなったり腫れたりします。進行すると歯槽骨が溶けて歯が動くようになるため、場合によっては抜歯することもあります。

歯周病の直接的な原因は、歯垢(プラーク)と呼ばれる生きた細菌の塊です。プラークは酸素の少ない場所を好むため、歯と歯茎の隙間に潜んでいます。このプラークが出す毒素によって、歯茎に炎症を起こさせているのです。

また、歯周病には口腔内環境や生活習慣など、歯周病を悪化させるリスクファクターも潜んでいます。歯周病にならないためには、プラークを取り除くことと、リスクファクターを可能な限り排除していくことが必要です。

歯肉炎と歯周炎の違いは?

歯周病には大きく分けて、歯肉炎と歯周炎があります。この2つの違いは進行度です。歯周病の初期段階では、歯と歯茎の境目が赤く腫れあがり、ブラッシングをしただけで出血します。

この状態を「歯肉炎」といい、炎症は歯肉ポケットに限られていますので、早い段階で発見できれば健康な状態に戻すことは可能です。一方、歯肉炎がさらに進行した状態のことを「歯周炎」といいます。

歯周炎の段階では、歯茎の腫れや出血に加え、歯と歯茎の間の溝が深くなった歯周ポケットを形成します。プラークがこの歯周ポケットに侵入すると、根の先へと破壊が進行していくのです。その結果、歯を支えている歯根膜繊維や歯槽骨が破壊されて、歯がぐらぐらと揺れるようになります。

歯周病を予防するには?

歯周病を予防するには?

歯磨きの徹底

歯周病を予防するには、原因となるプラークを排除する必要があります。そのための歯磨きは、毎日欠かせません。歯を磨く際は一本ずつ丁寧に磨きましょう。

ブラッシングのポイントは、歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先を軽く入れるような気持ちで、斜めにあてて小刻みに動かすこと。こうすることで、汚れを落とすだけではなく、歯肉をマッサージできます。

食生活を見直すこと

歯周病の予防では、食生活の見直しも大切です。まず、歯の形成に不可欠なカルシム、その吸収をサポートするビタミンDなどが豊富に含まれる魚介類や乳製品、キノコ類をバランスよく摂取しましょう。また、食物繊維の多い野菜を食べることで、咀嚼の回数が増えて唾液の分泌が促され、歯垢がつきにくくなります。

歯周病についての当院での取り組み

当院では長く自分の歯で食事ができ、最高の笑顔がつくれるように、歯並びはもちろん、歯周病にも力を入れて、患者様と二人三脚で治療をすすめていきます。レーザーによる治療や再生療法による治療、位相差顕微鏡により分析を行ってから治療を行うこともあります。

患者様にあった治療を行っていきますので、

  • 「口臭が気になる。」
  • 「歯がグラグラする。」
  • 「歯茎(歯ぐき)から血が出てきた。」
  • 「急に歯茎(歯ぐき)が腫れてきた。」
  • 「2、3日前から歯がじんじんしてきた。」

などの症状がありましたら、一度長島歯科医院に相談にいらしてください。

お口のトラブルを解消するには、ひどくなる前の早期治療が大切です。異変に気づいたら歯科医院に相談しましょう。長島歯科医院では、歯周病や虫歯、矯正など様々なお口のトラブルに対応しています。

患者様のご要望にお応えできるよう、治療内容をわかりやすく説明し、ご納得いただいてから治療へと進めます。治療内容や費用に関する疑問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

口内トラブルの豆知識

歯周病予防の事なら長島歯科医院

院名 長島歯科医院
所在地 〒371-0843 群馬県前橋市新前橋町12-8
TEL 027-253-5658
URL https://www.nagashima-kyousei.com
PAGETOP