医療費控除について

自分自身や家族のために医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。
これを医療費控除といいます。
申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。
 
 

医療費控除の対象となる医療費の要件

  • →納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
  • →その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。
  •  
     

    支払った医療費の額

  • 医療費とは、医師等による診療等を受けるために直接必要な費用で、次のようなものに限られます。
  • →医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • →治療、療養のための医薬品の購入費
  • →通院費用、入院の部屋代や食事代の費用で通常必要なもの など
  •  
      

    保険金等もらった金額

    出産育児一時金、配偶者出産育児一時金、家族療養費、高額療養費、損害保険会社や生命保険会社から支払われた傷害費用保険金、医療保険金、入院給付金等
     
     

    控除対象金額の算出

     
     
    (支払った医療費の額)-(保険金等をもらった金額)=控除対象金額
    ここから所得に応じて控除額が算定されます。
     
     

    軽減される税額の早見表

     
     
    平成26年8月31日現在の税制に基づき作成しています。

    ※この表の「軽減させる税額」は、所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算します。
     
     
    ※詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。
    国税庁 タックスアンサー
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

    PAGETOP