長島歯科医院 副院長の長島雄吾です。

 

みなさん、お盆休みはどう過ごされましたか。

 

今日は少し怖いテーマですが、

 

交通事故

 

発生件数と致死率

 

についてお話しさせていただきます。

 

連休が続くときは交通事故のニュースをよく目にすることが多いように思います。

2012年4月に群馬県藤岡市の関越自動車道起きた、

 

乗客45人が死傷したバスツアー事故で、運転手が自動車運転過失致死傷罪に問われたことがありました。

 

この事件でも睡眠不足が原因か睡眠時無呼吸症候群が原因かという観点で裁判になりました。

 

 

 

 

 

交通事故の件数と致死率では、時間帯がとても影響します。

 

交通事故の発生件数は午前の8時~10時がピークで、16時~18時までとても多いです。

 

しかし。。。

 

その時間帯は致死率は低く、朝方の2~4時が致死率のピークとなります。

 

これは眠気の強い時間帯に致死率が上がるということですが、体温も大きく影響しています。体温と眠気についてはまた後ほどご説明いたします。

 

みなさん、夜中の運転には十分気を付けて下さい!!