img_maingeneral

心がけていること

むし歯

ab491ce313b4381bf79854abe3bf4327_s日本人の約90%以上が虫歯にかかっています。再石灰化が不可能なレベルに達した虫歯は自然のままでは元には戻りません。
治療を受け、それ以上進行しないようにするしか、歯を守る方法はありません。
虫歯になるメカニズムを知って、予防に努めてください

どうしてむし歯になるの?

歯を磨いても、なぜ虫歯になってしまうのでしょう。
人によっては、まったく磨いていないのに「虫歯は一本もないよ。」という人もいます。
一人ひとり虫歯の原因が違うからなんです!
つまり!たとえしっかり歯磨きだけできているとしても、また虫歯を削ってつめたとしてもそれはある意味で「虫歯を治した」とは言えないのです!
虫歯の原因はさまざまで、人それぞれにライフスタイルや環境などが複雑に絡み合って発症する病気なのです。虫歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク)に、虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に孔をあけます。 これが虫歯のはじまりです。

【虫歯の4条件】

img_general02
  • ・むし歯菌(ミュータンス菌)
  • ・糖分の摂取量
  • ・虫歯になりやすい質の歯
  • ・時間の経過
虫歯菌:
原因の一つであるむし歯菌は、ミュータンス菌といいます。ミュータンス菌は生後10ヶ月~31ヶ月くらいの間に、保護者(主に母親)から感染します。保護者の口の中に、大量のミュータンス菌がいると、より効率良く感染していきます。その時、砂糖をたくさん摂った場合、更にミュータンス菌は、より大量に歯面に定着していきます。
いったん口の中に大量のミュータンス菌が感染すると、歯磨きをしたくらいでは、菌量を減らす事は出来ません。ミュータンス菌の表面には螺旋状の突起物があり、それが歯の表面にねじ込むようにして、歯に張り付いてしまう為です。ミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜を、バイオフィルムといいます。
糖分の摂取:
糖質の中でも特に砂糖を含む食べ物や飲み物が虫歯の発生に影響を与えます。
歯質:
歯の強さやだ液の力によって虫歯になりやすいかどうかが左右されます。
時間:
人間の組織の中で一番硬い歯の表面を覆っているエナメル質は酸に弱く簡単に溶かされてしまいます。口の中は普段pH6.8 位のほぼ中性ですが、糖分が入るとすぐにpH5.4 以下の酸性となり歯が溶けるのです。これが唾液の分泌によって、中性に戻るのに40分かかります。

「4条件」を取り除く

虫歯の原因はわかっていますから、この4条件を解消することがそのまま予防につながります。
歯垢は毎日の正しいブラッシングで取り除き、セルフケアではとれない部分は歯科医院で取り除きます。
あとはあなたが、毎日の生活の中でこれら4つのリスクを減らす努力をしていけば、虫歯の引き金が絶たれ、良い結果に結びつくでしょう。
虫歯ができる原因を知り、予防を心がけることが大切です。あなたの少しの努力でいつまでも健康な歯を守ることができます。

虫歯菌:
ご家庭での歯みがきや、歯科医院でのプラーク除去。
菌の活動をおさえるキシリトールやフッ化物の使用など。
食べ物:
img_general04

バランスのとれた食生活。
おやつの習慣。
砂糖など虫歯の心配がないおやつの選択など。

歯質:
img_general05

フッ化物を使った資質強化。
よく噛んで唾液の分泌を促進。
歯科医院でのシーラントによる予防など。

時間:

だらだら食いをしない。
規則正しい生活をして、寝る前に食べたり飲んだりしない。