こんにちは。
長島歯科医院副院長の長島雄吾です。

 

 

 

 

木曜日は病院が休みでしたので、歯周病専門医である保坂先生の所で手術の見学をしてきました。
一症例目はインプラント周囲炎が起こってしまった奥歯の治療でした。
Bio-Oss(バイオス)という人工の骨(異種骨)とEMD(エムドケイン)という再生療法に使われる材料を併用してインプラントの周囲がすり鉢状に無くなってしまった隙間をを埋めるような手術でした。
お口をよく磨かないと。。。
歯が歯周病になるように。
インプラントもインプラント周囲炎になる可能性があるのです。
インプラントは入れたらそれで終わりではありません。インプラントをした時からしっかりと歯ブラシ、メンテナンスをしていかないと長持ちはしません。
ただ、少し気を付けなくてはいけないのが、フッ素です。
フッ素は歯を丈夫にしてくれますが、インプラントはフッ素が苦手なんです!!
インプラントはチタンでできているのですが、このチタンがフッ素によって腐食してしまう可能性があるのです。

 

ですので、インプラントが口の中に入っている方はインプラント用の歯みがき粉を使用してください。